偉人にはなれなくても感動して心に残る言葉を作りたい

偉人ではないけど、心に響く詩や感謝の言葉、元気が出る言葉などを一生懸命書いています。

心の支えがないと嘆く前に自分で作る方法

f:id:kyds:20200308152925j:image

 

結論から言うと自分自身の中で心の支えを作る方法とは下記のとおりです。

 

  • 長所を自覚しておくこと
  • 特技を身につけること

 

小さなことでもいいので誇りを持って言える長所を見つけだしましょう。それを発見して自覚したときにブレない自分の軸ができ、確固たる自信を持つことに繋がります。

 

そして、切羽詰まったときや窮地に追いやられたときに「でも自分にはこれがある!」と胸を張って言える特技があると人は強いです。

 

それではどうすれば心の支えとなる長所や特技を探しだせるのでしょうか?

 

答えは2つです。

 

  • 自分の長所を人に聞くかじっくり考える
  • 得意なことを継続し、スキルを身につけて自分のものにする

 

順番に解説します。

 

自分の長所を人に聞くか考える

 

家族や友人の中で尋ねやすい人に、ご自分の長所を聞いてみてください。答えを聞いてやっぱりと思うこともあれば、思っていた回答と違う気付きも得られるでしょう。

 

そして自分自身でも考えてみましょう。人と違うところはどこか、あなたは優しい人ですか?明るいですか?面白いですか?

 

どんな単純な答えでも構いません。長所を発見できればそれでいいのです。そして長所にプラスして心がけていることも一緒に考えてください。

 

「自分はどんな時も思いやりを持って行動する」「いつでも空気が読めて、場に適した発言をする」「人を笑顔にする精神を忘れない」

 

心がけていることを掲げて長所を生かした行動をしていると、それが自分の軸になっていきます。

 

後々考えてみると、「僕はどんな時も人に迷惑をかけない行動ができて偉かった」「笑顔を絶やさずに親切にできた」「ムードメーカーとして頑張った」

 

過去の行った行動がいつでも自分を励ましてくれます。長所と心がけてきたことが心の支えになり、いずれ欠点さえもかばってくれるようになるのです。

 

得意なことを探して継続し、スキルを身につけて自分のものにする

 

やりやすいと思うことを継続していきましょう。苦手なことではなく、自分が苦することなく自然と続けられることを試行錯誤して見つけ、毎日少しずつでもいいので進めていくことです。

 

日々の継続が力になります。ちょろっとやってすぐできるような仕事や作業は誰にでもできます。根気よく続けた人にしか達成できないスキルを身につけましょう。

 

野球のイチロー選手も、毎日同じルーティンを繰り返し行い、技術を磨いていきました。継続が実績につながったのです。

 

特技を探すためのコツは下記の2つです。

 

  1. 自然と続けられることを見つける
  2. 難しく考えず、継続する

 

才能があるかないかは別として、嫌々ではなく憂鬱になることでもなく、できればそれを考えたときに自分が「これは無理なくできる」「意外と簡単だ」と思えるような項目を磨くと良いでしょう。

 

それを見つけたら、後は継続するのみです。ほとんどの人が少しうまくいかないことがあれば簡単に諦めてしまいます。でもあなたはどうでしょうか。他人が諦めても根気よく続けることができれば一つの才能ということなので、やる価値は充分にあります。

 

長く続けたこと、スキルを身につけたこと、それらはあなたの財産になります。そして、振り返ったときに継続できたことが自信に変わり、心の支えとなるのです。

 

まとめ

 

自分の長所と継続して身につけた特技があなたの武器になり、あなたを支えていきます。手にした自信は欠点をかばい、確固たる自分を持つことができるきっかけになります。

 

心の支えとは、自分自身の中にあります。それを作った人は強いです。

 

是非あなたもご自分の良いところを磨いてください。