偉人にはなれなくても感動して心に残る言葉を作りたい

偉人ではないけど、心に響く詩や感謝の言葉、元気が出る言葉などを一生懸命書いています。

命と死に関する言葉

 

命は大切なものです。この世に生まれてきた限り、精一杯生きる義務が生じます。

 

大抵人は、目の前の悩みにくよくよするだけで、本来ならば生きているだけでもう十分素晴らしいということを忘れがちです。

 

命の大事さと死に関する言葉をまとめました。

 

窓際で外を眺める人

 

 

生きてても
楽しいことがないって
思うこと
あるよね~。

頑張って
生きてさえいれば、
何かのきっかけで
生きてて良かったって
思える瞬間がくるよ!

 

 

命に関する言葉

 

命に関する言葉集です。

 

--------------------------------------------------------

 

「君が生きていて良かった
(君がいてくれると嬉しい)」
いつかそう言われるのが夢です

 

--------------------------------------------------------

 

生きてこれたってことは・・・
この何十年間きっと素晴らしかった

 

--------------------------------------------------------

 

生かされていることが
奇跡なんだと思えば「命」は尊い

 

--------------------------------------------------------

 

訳もなく生きる 
それが正しい 理由はないんだ 
ただ生きるだけ どんなにつらくとも

 

--------------------------------------------------------

 

生きていなければ
絶対にいいことはおこらない
死んでしまってからでは
絶対にいいことはおこらない

 

--------------------------------------------------------

 

生きた屍みたいな身体であっても 
もっと素晴らしくある為に
生きていけっていうこと

 

--------------------------------------------------------

 

生きていること自体が
一つだけ素晴らしくて
他は全てドウでも「良い」こと

 

--------------------------------------------------------

 

もう駄目。
なんだったら生きれているはずがない

 

--------------------------------------------------------

 

 ただ一生懸命生きればよいだけのこと

 

--------------------------------------------------------

 

あなたの命が大切 
どの場面で見開いて見ても
あなたのただ一つの命が大切

 

--------------------------------------------------------

 

その時その人の心に響けば
その言葉は命を放つ(持つ)

 

--------------------------------------------------------

 

自分の命を馬鹿にするな
おまえ(心)が生きたくなくても
こいつ(体)はちゃんと
生きているんだ
生きようとしてるんだ

 

--------------------------------------------------------

 

私であって私でない体 
親が産んでくれて 
何かの意味があって
この世に天から送り出された身体
心を殺して体を粗末にして 
自分を滅ぼそうとした 
だけどここまで
生き延びたということは 
やはり何らかの「使命」があって
生まれたということだから 
授かった身体を 
借りた感覚であったとしても 
最期まで「使命」を果たすように
生きようと思うよ

 

--------------------------------------------------------

 

人の命はきっと  本人がその命に 
「生きる価値がある」と思った
瞬間に意味を持つ

 

--------------------------------------------------------

 

悩んだり傷付けたり
苦しみ抜いた時間が
大切なことを知るための
最強の時間だった
その時間が与えてくれたもの
その時間がなければ
知り得なかったこと
それらが心にある限り 
私の命に価値はある

 

--------------------------------------------------------

 

 

 

死に関する言葉

 

死に対しての詩集です。

 

--------------------------------------------------------

 

生きていて苦しいのならば
死んで楽になるはずがない

 

--------------------------------------------------------

 

死ぬほど辛くても死ねない 
もしくは死ぬという選択は
考えていないのなら
それはどこかで幸せだということだ 
必ずどこかで

 

--------------------------------------------------------

 

裏切ってはいけない 
それは死んではいけないということ
ただあなたが 
生きてさえ在れば良いということ
どんな形であれそれは惨くはない 
とても立派なこと 素晴らしいこと

 

--------------------------------------------------------

 

死を思えば
ただ生きている事の有難みに気付く
本当の死期に出会ったならば
何もかもがちっぽけな存在で
抱えてる悩みもちっぽけに感じる
誰もカレモが本当は死に向かって
必死に生きてる

 

--------------------------------------------------------

 

亡くなった人のことを忘れないことで
その人をこの世に生かすことは
できると思うから
一生忘れないようにしようね

 

--------------------------------------------------------

 

もういっそ
死んでしまおうかと思うときがある
でもそれは僕が
世の中の怖いところばかりを
みているから

 

--------------------------------------------------------

 

守られたい 守られて死にたい
あなたに見送ってもらいたい
最後まで温かい腕で

 

--------------------------------------------------------

 

満たされないのに 
絶望は越えていかなきゃならない

 

--------------------------------------------------------

 

人生を終わらせたいんだったら
今まで頑張ったその証拠一つでも
見せてから死のうよ

 

--------------------------------------------------------

 

あなたは生きるのが嫌だ
しんどいって言うかもしれないけど
あなたは同時に強制的に
「死」も既に与えられている

 

--------------------------------------------------------

 

私はあなたの心に何を残せますか?
私はあなたの目に何を映せますか?
この世に何かを残して逝きたい 
私の生きてきた証を
誰かの記憶に残したい
死に物狂いで生きてきたのだったら 
それを形にしてから去りたい

 

--------------------------------------------------------

 

命滅びていく前に
自分のやれること
やってから死のうよ

 

--------------------------------------------------------

 

僕が死んでも世界は変わらない
僕がいてもこれからいなくなっても
誰もほめてくれないけど
僕が生き続けて頑張って
いつか素敵なものをつくりあげたら
この世に何か残せたら
誰かが喜んでくれるかもしれないから

 

--------------------------------------------------------

 

死ぬことだけは 
それだけはいけないとわかってて 
生きる道を選んだ
そのほうが神様の愛を感じる 
守ってもらえてるような
そんな感覚があるんだ
私は守られている 
いつだって「本当に死ぬとき」までは
生きてさえいれば 
神様に応援してもらえるのだから

 

--------------------------------------------------------

 

人のぬくもりや愛情を
肌で感じてみたかった
でも死んだら 
神様に抱きしめてもらえるから 
もういいんだ

 

--------------------------------------------------------

 

僕の心の中で生きていく為に
必要な愛が不足していても
「僕があなたを愛していたこと」
最後に命を棄てるときに
伝えられたなら
僕の中に「愛」はあったんだねって 
ちゃんと生きてたんだって
その時証明できるね

 

--------------------------------------------------------