偉人にはなれなくても感動して心に残る言葉を作りたい

偉人ではないけど、心に響く詩や感謝の言葉、元気が出る言葉などを一生懸命書いています。

ネガティブな言葉

 

ネガティブな言葉は、読んで暗くなるかもしれません。

 

しかし、心が沈んだ時にあえて暗い曲に浸ることがあるように、試しに人の不幸話を読んでみると意外と気分が晴れることもあるのではないでしょうか。

 

一人ぽつんと漂う人

 

どんなにいつも
明るい人だって
時にマイナス思考に
なることも
あるよね~。

人前では明るいけど
家に帰ったら
しゅんとなる人
いるよ~。

 

普段は聞きたくないネガティブな言葉

 

普段は聞きたいとは思わないネガティブな言葉集です。

 

--------------------------------------------------------

 

「心が痛む」ってことを 
あまりにしつこく
あまりにもしつこく 
憶えすぎたみたいです
だから必要以上に傷つく
ということを知りました
そして今は信じられないくらい
信じられないくらい自信がないです
そしてあまりにもあまりにも
思い出すたびに 
人が怖くて仕方ありません
そしてあまりにも
生まれもっての「暗さ」に
びっくりです
臆病さにびっくりしてしまいます
そしてやっぱりこんな風に
生まれたことを嫌だと
思ってしまうのです
早く変わらなきゃと
思ってしまうのです…

 

--------------------------------------------------------

 

本当は誰の中にいても 
どんな場所にいても虚しい 
心が支えきれない
敢えて気持ちを置き去りにして 
心は晴れてくるだろうか
思い出さぬように 
考えないふりをしても 
いずれ孤独感に
押しつぶされそうになって
また死んで逝くのかなあ 
生きながらまた死んで逝くのかなあ

 

--------------------------------------------------------

 

私は自分が短命だと思ってる 
ねえ神様 私が死ぬ間際に 
私の大好きな人を
側においてくれますか?
私はそんな資格を得るくらい 
せめて与えられたことだけは
目を逸らさずに
頑張っていると思いませんか?

 

--------------------------------------------------------

 

「コンプレックスしか 
 もってないじゃないか」

 

--------------------------------------------------------

 

じゃまなんだ 肉体が邪魔なんだ 
心がほしい 心がもっとほしい

 

--------------------------------------------------------

 

心配されても解かってくれても 
その愛は母親が示してくれないと
「愛」っていうものを 
その形を示してよ

 

--------------------------------------------------------

 

言ってみれば、『絶対的孤独』

 

--------------------------------------------------------

 

心が死んだのに 何で体が残った
体だけが生き延びた(息をした)
誰も愛さないのに 魂だけが残った
心が消えてるのに 誰も愛さないのに
誰かが愛してくれても
こいつ(自分)が愛さないのに

 

--------------------------------------------------------

 

自分がステージ(舞台)に
立っただけで笑われるかと思ってた
どこかで笑い声がすれば
全て自分をバカにした笑いだと感じた
自分が人から見える場所に
立っただけでバカにされると思ってた
死ぬほど足がガクガクして
死ぬほど怖くて逃げた
そこにいる誰よりも
完璧に惨めだと思ってた
人に見せられる体(からだ)なんて
一つも残ってなかった

 

--------------------------------------------------------

 

私に絶望はいらない 
私に絶望はくれないで
今以上の絶望はもうくれないで
…私に絶望はいらない
(くれなくていい) もういらない

 

--------------------------------------------------------

 

だって僕は
幸せになれるように
生きていくのが
あまり上手くないから…

 

--------------------------------------------------------

 

私の苦しみにはおわりがない 
苦しくて苦しくて
それが当たり前になるから 
痛みを感じなくなる 
それが幸せにさえ思えてくる 
完全に感覚が壊れてる

 

--------------------------------------------------------

 

神様 私を殺さないでくれ
ただ私を真正面から殺さないでくれ
私はもう死ぬのは嫌なんです
生きながら死ぬのが嫌なんです

 

--------------------------------------------------------

 

よく本当のことを考えてみて 
おまえは日なたが好きなんだ 
おまえは日なたが好きなんだ

 

--------------------------------------------------------

 

もう苦しみなど必要ないんだ
心に何も感じさせないでくれ
心に何も感じさせないでくれ

 

--------------------------------------------------------

 

相手が求めていないのなら
私は必要ない 
なぜなら求めてくれる人の為にしか
生きられないのだから

 

--------------------------------------------------------

 

どんな自信があって
そんなに自信がないんだよ

 

--------------------------------------------------------

 

力の弱さは本物です 強さは偽者です

 

--------------------------------------------------------

 

自分に自信がないと 
バランスを崩した時 
失うものがはるかに大きい

 

--------------------------------------------------------

 

何万回くりかえしたら
この苦しみは終わる?
私の頭では逃れられないのを
神様は知ってるはずなのに

 

--------------------------------------------------------

 

自分の為に生きるな
人の為だけに生きろ
そう言いきかせたのがいけなかった

 

--------------------------------------------------------

 

私はあなたが望む人間になれなかった 
私はあなたが思い描いてた
理想とする子どもになれなかった
私はあなたの人生を
華やかにする家族になれなかった
私はあなたの人生を
輝かせる程愛をもてなかった
もうこれ以上変わることは
できないのかもしれない

 

--------------------------------------------------------

 

昨日の夜が眠れぬ日に
なったのは(眠れなかったのは)
きっと知らぬうちに
夜明けが来るのが怖かったんだろう
心待ちにしないのに 
朝が襲ってくるのが怖かったんだろう
挑む気持ちがなかったら 
きっと安らかだった

 

--------------------------------------------------------

 

罪悪感があるんだ 
何も持ち合わせていないと
不幸をくれ 
不幸をくれってなってしまう

 

--------------------------------------------------------

 

犯罪者も精神病患者も殺人鬼も
ストーカーも愛が不足している
その人に必要な愛が足りてない

 

--------------------------------------------------------

 

ただ傍に何も感じられない寂しさ

 

--------------------------------------------------------

 

痛みにまみれた思いなんて
空に消えてしまえばいいのに

 

--------------------------------------------------------

 

私は自分を傷付けないと
人に優しくできないような
情けない奴です

 

--------------------------------------------------------

 

薄いガラスのような心で今日も歩く

 

--------------------------------------------------------

 

僕にできることが
誰かの幸せを願うことだけなら
僕はこの世に
必要ないんじゃないだろうか

 

--------------------------------------------------------

 

人生に意味のないことはないと
学んできたくせに
自分が生きている意味を勝手に
「無意味」にしようとしたのは
全部自分だった

 

--------------------------------------------------------

 

 

 

マイナスな心に影響するネガティブな言葉

 

暗い気持ちになる可能性のあるネガティブな言語集です。

 

--------------------------------------------------------

 

何か一つ失っただけで 
完全に壊れてしまうような 
そんな脆さ 私の心は…

 

--------------------------------------------------------

 

人はいつも誰かに心求めるから 
寂しさの裏返しで時に過ちを犯し 
弱さに陥っていくよ

 

--------------------------------------------------------

 

私の棒のような足で
ちゃんと活きている
人間にでも見えたか?
「生きてる意味も価値も分からない」
と笑いながら言ったから
救ってもらえなかった?
泣き叫んですがりつけば
良かったのか?
私の心と身体を抱きしめて
一つにして欲しいと。

 

--------------------------------------------------------

 

愛してくれって支えてくれって 
自分自身に言わなきゃいけなかった
「核」となる部分(心)がなくて 
ロボットみたいで
体は抜け殻のようだった
ちゃんと生きてくってことは 
いくら友達が沢山いてくれても
他人(ヒト)が愛してくれても
自分自身が自分を愛さなきゃ
話にならないことだった

 

--------------------------------------------------------

 

今までだってそうだったじゃないか 
私はいつだって人の為に生きたかった
いつだってそうだよ 
私は自分が幸せになることなんて
望んでいないんだ

 

--------------------------------------------------------

 

私は何を想って生きればいいですか?
私は何を想って生きればいいですか?

 

--------------------------------------------------------

 

弱さと痛みが思いやりに変わるんだ
悲しみと屈辱が愛情に変わるんだ
つじつまは合わないかもしれない 
だけどその信条で今までやって来た
もう変われないし戻れない
これからもずっと
それしかできないんだ

 

--------------------------------------------------------

 

私は確かなものを 目でみたことがない

 

--------------------------------------------------------

 

見えない力。潜在意識。
私はもう動けない。
愛は原動力。私はもう動けない

 

--------------------------------------------------------

 

〔うさぎさん死(じ)に〕
=強烈な寂しさ。孤独。

 

--------------------------------------------------------

 

許すこともした 
受け入れることもした 
愛することもした
生きる術がみつからなくて 
人にすがるまではいかないようにと
大事に思うことをした
その全てを 
大事な人に否定され裏切られた今 
私にはもう何もない 
何もない 何も残ってない

 

--------------------------------------------------------

 

私に明日はない
だって私は自分ではなく
誰かの為に生きたいのだから

 

--------------------------------------------------------

 

どこかで不幸になれと 
自分をおとしいれようとする
自分がいる
人より不幸になれと 
状況を悪化させようとする
自分がいる
そして本当の自分は
苦しむのだけれども 
自分を殺すことを
やってやった気分になる
本当に嫌だと分かっているんだけれども

 

--------------------------------------------------------

 

私はどこかできっと
苦しんでいたいと確実に想ってる
心から幸せになりたくないと
密かに願ってる それは知ってる
なんて悲しいんだろう
自分勝手にならないように…
振り出しに戻らないようにって

 

--------------------------------------------------------

 

私の心の中には 愛がない

 

--------------------------------------------------------

 

私が人の愛情ばかり求めるのは
私の心の中に愛がないから
自分を満たせるだけの
自分への愛情がないから

 

--------------------------------------------------------

 

私は何十年間も生きてきたけど、
本気で楽しいと思ったことがない

 

--------------------------------------------------------

 

寂しさを時に切なさともいう 
誰かに愛してもらいたいのに 
愛されない寂しさ 切なさ
そして私は今 
恋心から生まれる切なさではなく
誰からも愛されないと感じる寂しさ 
虚しさを味わっている

 

--------------------------------------------------------

 

僕は 生き方が少し
不器用だったかなあ

 

--------------------------------------------------------

 

僕はこの世界に生きていたくない

 

--------------------------------------------------------

 

癒えてない悲しみがある

 

--------------------------------------------------------

 

愛してほしいと 誰にも言えなかった

 

--------------------------------------------------------

 

心の中に闇がある
いつまでも消えない闇がある

 

--------------------------------------------------------

 

君は何に傷付いて 
そんなに残酷になったの?

 

--------------------------------------------------------

 

私はいつも
失くさなくていいものまで失くす
失くさなくていいものまで失くす

 

--------------------------------------------------------

 

生きてるだけで こんなに辛いんだね

 

--------------------------------------------------------

 

必要ない 愛なんて 私には

 

--------------------------------------------------------

 

もう何も感じなければいい
感情なんて
なくなってしまえばいいんだ

 

--------------------------------------------------------

 

心を殺してもいいですか?
感情を潰してもいいですか?
表情や笑顔だけ私にください 
生きた屍状態なのが 
みんなにバレてしまうから

 

--------------------------------------------------------

 

心にけがをしている人 
毎日家で泣いてる人 
一生傷ついたままの人 
心が病気のままの人 
病院に行っても治らない人
もう病院に行くことも諦めた人 
私はそんな人 
でも不幸自慢になってしまうから 
一生誰にも打ち明けられない人

 

--------------------------------------------------------

 

何か一つが駄目で 
「じゃあ何もかもが
もう駄目なんだね」って
すぐに崩れ落ちてしまうような
そんな脆さ
過去の傷口が開くと
「もう大丈夫だ」と思えていたものも
途端に崩れ始める
僕がそんな風に
一生抱えていく弱々しさは 
突然死へと落ちていくような
堕落性も持ち 
全ては究極に極端な思考からくる

 

--------------------------------------------------------

 

うめられるだろうか 
あなたがここにいないという事実を 
あなたを失った空の心を
他の人と関わり付き合うことで
忘れられるだろうか 
うまくうめられるだろうか

 

--------------------------------------------------------