偉人にはなれなくても感動して心に残る言葉を作りたい

偉人ではないけど、心に響く詩や感謝の言葉、元気が出る言葉などを一生懸命書いています。

生きる意味なんてないと早まる前に | 天国の話

 

「私には生きる意味も価値もない」と思うことがあります。

 

生きていくということは、何かの意味があるのではなく、「生きていくことに意味があるのです。

 

「おもしろくないから、楽しくないからもう人生をやめよう」というのはもってのほかで、「辛くて仕方ない、この先真っ暗にしか見えないから死にたい」という人にも、「未来は全く違う景色が見えるかもしれないから信じてまだ一緒に生きよう」と誰かは告げるでしょう。

 

意味がわからないけど生きる」「価値がないと思っても生きるこれが正しいです。

 

一生懸命生きた人には、天国が待っています。でもそれは死んだ後の話です。

 

一体どんな人が天国にいけるのでしょうか?生きる意味とは何か?と共に解説します。

 

頭を抱えて悩む人

 

なぜ生きていかないといけないのか?

 

自分は自分だから自らをどんな風に扱ってもいいやと思いがちです。

 

自分が嫌いで生きていくのが嫌だから「もう死んでもいいや」と思ってしまうこともあります。

 

ですが、我々は我々であって、しかし体は自分ひとりの体ではないといったら驚くでしょうか?

 

あくまでも借り物の体を授かって皆この世に生まれたのです。

 

神様から借りた体で人生を演じているのです。

 

だから自殺は、人のことを殺したのと同じくらいの罪になります。

 

そして勝手な思いで自殺することによって悲しむ人がいないはずはありません。

 

たとえ親がいなくてもあなたの存在を知っている人があなたが亡くなったと聞けばとても残念に思うでしょう。

 

だから死んでしまって誰かを悲しませるようなことを無責任にしてはいけないのです。

 

江原啓之さんは人間がもし自殺をしたら必ず地獄に行って生きているときよりもっと苦しむことになると著書に記していました。

 

真実なのかわからなかったのでずっと信じていましたが、本当は人それぞれなのだそうです。

 

無責任に好き勝手なことをして人生を生きた人は地獄に行く確率が多いですが、死ぬほど頑張って人のために生きたけど重圧に耐えられなくて命を落としたなどと言う人もいます。

 

そのような人は、必ずしも地獄にいくわけではないようです。

 

深い海へ歩いて入っていく人

 

その人が受け持てるだけの人生の試練がある

 

自分が背負えるだけの試練は人生で必ずやってきます。

 

人間を大きくするために困難ともとれる人生の試練は全ての人にやってきます。

 

でもそれは、その人が乗り越えられる分だけの苦しみしか訪れません

 

どんな困難にも立ち向かえる力を、全ての人が備え持っているのです。

 

そうでないと苦しみに殺されてしまいます。

 

試練を乗り越えた人は同じ苦しみはもうやってこないのでその後の人生は比較的楽にこなせます。

 

だけど試練に立ち向かわず逃げ回っている人はいつまでたっても同じ苦しみから逃れられません。

 

どうせなら、一つ一つ試練を乗り越えてあとから楽な人生を送ったほうが良いと思いませんか?

 

f:id:kyds:20181016093030j:plain

 

試練を乗り越えたあとはもう楽に生きていい

 

この世に生まれるのは修行をするために生まれると言われています。

 

何か自分に足りないものがあるから、修行をして良い心を身に付ける必要があるからです。

 

その修業というのが先程も言った試練のことです。

 

試練を乗り越えられたあとは、この世で生きる課題をクリアしたという意味なので、あとは人に迷惑さえかけなければ好きに楽しんで生きていいのです。

 

若い時の苦労は買ってでもせよ」と言う人がいますが、たしかに若いうちに苦労をしておいてあとで楽になったほうがいいでしょう。

 

何も大切なことを知らないで大人になった人の中には、社会的に成功したのにあるところで急に転落してしまった人も多くいます。

 

大切なことは人生の始めの頃に学んでいたほうが良いということです。

 

 f:id:kyds:20181016093152j:plain

 

天国に行くための条件は?

 

天国に行くための条件は、

 

  • 人に親切にしたか
  • 人に迷惑をかけないように努力したか
  • 自分の人生を楽しんだか

 

このような点を問われて最終的に決まるそうです。

 

自分勝手に生きた人や人を傷付けたり怖がらせたり嫌な思いをさせてばかりだったという人は、もう一度行いを振り返ってみてください。

 

いつからでも人生はやり直せるので、心を入れ替えれば今からでも良き人生に変えられます。

 

I love youのハートを持ったクマ

 

まとめ

 

結局は楽しんだり人に親切にしたかで天国に行けるかどうかが決まるのなら、自分の財産がいくらあるとか社会的に成功したかなどは関係ない話になります。

 

  • 人に親切にできている
  • 人に迷惑かけないでいる
  • 人生を楽しもうと思っている

 

自殺したいほど苦しい人は、この3点ほどの心があればどこかで救いの手が差し伸べられるかもしれません。

 

自殺したい理由は様々で一人ひとりに聞いていかないと悩みは計り知れませんが、そういった素晴らしい点がある人ならば、死を選ばなくても生きる価値は十分にあります

 

自殺したい人をとめることは容易いことではありません。

 

でもただ一つ言えるのは、あなたに


「生きる価値があるから生まれてきて」、
「生きる価値があるから生きている」、

そして今後も

「生きる価値があるから
寿命がまだ残っている」

ということです。

 

正しく人のことを考えながら歩んできたあなたなら、自分らしく生きる価値がまだまだあるように思います。