偉人にはなれなくても感動して心に残る言葉を作りたい

偉人ではないけど、心に響く詩や感謝の言葉、元気が出る言葉などを一生懸命書いています。

強くなるには |7パターンの精神的に強くなる方法

 

強くなるにはどうしたらよいでしょうか?

 

生まれつき気弱な人が精神的に強くなるには方法があります。また、何度も失敗を繰り返して心が弱くなったという人にも有効です。

 

7パターンの心が強くなる方法をお伝えします。

 

f:id:kyds:20180927094040j:plain

 

強さとは?心の強い人ってどんな人?

 

強さと言っても一概にこれが強さだ!と言いづらいかもしれません。

 

心の強さは人それぞれ発揮できる箇所が違うのでここでは「強い人はどんな人か」「強くなるにはどうしたらいいか」を考えてみます。

 

f:id:kyds:20180927094148j:plain

 

7パターンの心の強さ

 

強くなるためにはコツを掴むことが大事です。

 

自分にできそうなのはどの強さなのか、探っていきましょう。

 

1.継続できる力を持つ

 

コツコツと小さいことを積み重ねていく努力ができる人は心が強いだと言えます。

 

継続することは誰にでもできるわけではありません。

 

ただひたすら一つのことをやり続けることのできる人は努力の天才です。

 

継続力を身につけるには一つ一つの行動を積み重ねて、小さくてもいいから一歩一歩踏み出すことです。

 

 

2.最後まで諦めない心を備える

 

粘り強さがあるとも言えます。

 

途中で投げ出してしまわずにやると決めたら最後まで立ち向かいましょう。

 

すぐに結果がでなくても根気強く最後まで戦い抜ける強さを持った人が心の強い人です。

 

諦めない心を作るには、自分がやっている行いを自分で正当化し、結果の勝敗だけでなく「努力した分は何かしら自分にきちんと返ってくる」と心得ておくことが大事です。

 

 f:id:kyds:20180927094555j:plain

 

3.新しいことへ挑戦する潔さを持つ

 

新しいことに挑戦したいと思っても物怖じしてしまったり、後ろ向きな心があってなかなか踏み出せません。

 

潔い人は、簡単に踏み込んでいるように見えますが、きちんと計画を立ててやっています。

 

潔く行動する心の強い人になるには、事柄に対して入念な準備をしてからパッと始めの一歩を勢いよく踏み出す力を身に付けることです。

 

 

4.意志の強さを持つ

 

やめたいことをもうしないようにと自分で決めてそれを守れる強さを持てる人は強いです。

 

たとえば、タバコをやめたいと思ってもそう宣言しただけではなかなかやめられません。

 

タバコをやめている自分を想像する力が必要です。

 

イメージングができたら、潜在意識にタバコをすわない自分がしっかりと刻み込めるので、我慢などしなくても自然にタバコをやめることができます。

 

意志の強い人になるには、うまくいくことをイメージングして行動を変えられるようにしていく必要があります。

 

 f:id:kyds:20180927094737j:plain

 

5.打たれ強さがある

 

何を言われても平気でいられる人は少ないと思いますが、「自分」を持っている人は何かきついことを言われても「私は大丈夫」と平常心を保つことができます。

 

ブレない自分の軸を持っているからでしょう。

 

自分というものがないと人に言われた一言で相当傷付いたり、動揺して居ても立ってもいられなくなりますが、確固たる自分をつくることで、人の意見などをはねのけて主観的に物事を見ることができるので、打たれ強い人になれます。

 

 

6.失敗にめげずに弱音を吐かない

 

挑戦しても失敗する場合もあります。

 

でも「この失敗は次に挑戦する糧になる」と思える人は、いつかは成功できる人でしょう。

 

失敗を失敗と思わずにその原因を探って「次に成功するためのヒントを得た」と解釈できるようになれば大丈夫です。

 

強い人はごちゃごちゃと弱音を吐きません。

 

失敗にめげない強さを持つには、いつもプラスの言動をして、失敗の原因をきちんと分析できる力を身に付けることです。

 

 f:id:kyds:20180927094948j:plain

 

7.大勢の前で発言する度胸がある

 

大勢の前でスピーチをしたりプレゼンの発表をしたり、緊張しがちな場面で堂々と発言行動ができたら素晴らしいことです。

 

この場合も、強い人はただ強いからできるのではなく入念な準備をしているから本番で慌てず堂々とできるのです。

 

人前が得意な人になるには入念な準備をしつつ、何を言われても動じないブレない自分の軸を作ることです。

 

 f:id:kyds:20180928094244j:plain

 

長所を生かして自信をつけよう!

 

何かしら得意なことは誰でもあるはずです。

 

  • 小さい頃褒められたこと
  • 努力しなくてもできたこと
  • 人より上手にスムーズにやれたこと

 

それらを活かすことによってやりたい仕事もでき得意なことを認められて短所を補うことができます。

 

たとえ心が弱くて人とのコミュニケーションがそんなに得意ではないという人も自分に合った仕事を選ぶことで得意なことで勝負できるので、自然と自信もついてきます

 

「私にはこれがある」と自分の軸になるような得意技があれば、確固たる自分もできやすく落ち着いて勝負ができてきます。

 

f:id:kyds:20180928094506j:plain

 

弱さを知っているからこそできる強さ

 

  • 失敗してつまずいたこと
  • 傷付いた人を見た記憶
  • 何一つ成功できなかった時期

 

これらの自分が弱かったときのことを思い出して、人の痛みも知ったうえでしか本当の強さは発揮できないのではないかと思います。

 

強さとは、人の痛みも知った経験があって初めて発揮でき、人より前にいけるのではないでしょうか?

 

強くなった自分でいい気になって調子に乗ってしまうと人のことを考えなくなり転落する可能性があります。

 

人のことを一番に考えて自分の実力を発揮するくらいが一番人として良くできるやり方だと思います。