偉人にはなれなくても感動して心に残る言葉を作りたい

偉人ではないけど、心に響く詩や感謝の言葉、元気が出る言葉などを一生懸命書いています。

言うの尊敬語とは?おっしゃいましたは正しい?

 

言うの尊敬語は何か?「おっしゃった」、「おっしゃいました」など色々と聞きます。

 

正しい敬語を使いたいからこそ悩みます。

 

どの言い方が正しいのか?言うの尊敬語について解説します。

 

f:id:kyds:20180827112329j:plain

 

「言う」の尊敬語は、おっしゃる」  、過去形だとおっしゃったです。

 

人に伝える場合、「課長がこの作業をするようにおっしゃっていました過去形をよく使います。

 

そして、「目上の人がこう言っていた」ということを説明するには、「課長が明日、この作業をするようにとおっしゃいました」という言い方もします。

 

結論からいうと、下記は全て正しい敬語です。

 

おっしゃっていた

おっしゃいました

おっしゃっていました

 

 

 

 

f:id:kyds:20180827112552j:plain

 

目上の人に言ってほしいことをお願いするときは?

 

目上の人に意見を言ってほしい時は、「どうぞ遠慮なくおっしゃってください」と頼みます。

 

「言ってください」より「おっしゃってください」が丁寧でより良いです。

 

 

「目上の人が言ったとおりだ」と言いたいときは?

 

「課長が言った通り」ですと言いたいときは、「課長が昨日おっしゃったとおり」という言い方で間違いありません。

 

おっしゃっていたとおり」であっても、文章として悪くありません。

 

 f:id:kyds:20180827112823j:plain

 

よくある言い間違い「おっしゃられた」

 

おっしゃるはそれ自体が尊敬語なので、「おっしゃる」に~されたという「られた」をつけるのは間違いです。

 

「おっしゃられた」は間違いで、正しくは「おっしゃった」が正解です。

 

 

「おっしゃった」「おっしゃいました」の別の言い方は?

 

おっしゃる自体「話された」という意味ですが、「目上の人が話した」ということを伝えたい場合、適した言い方は、

 

お話になった」「お話になる」です。

 

「話された」におをつけて「お話された」の形は使いません。

 

「お~された」の形は誤りです。

 

〈例文〉

 

お客様と電話で話しています。

 

お客様「○○の商品についてお聞きしたいんですけど、電池を入れても動きません。説明書は読みました。不良品ですか?」

 

私「この度はご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
お客様が×おっしゃられた○○という商品につきましては・・・」

 

      ↓

      ↓

      ↓

 

私「この度はご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
お客様がおっしゃいました○○という商品につきましては・・・」  

 

おっしゃるがそもそも尊敬語ですので、「られる」をつけると二重敬語になります。

 

おっしゃられたは、正しくはお客様がおっしゃったお客様がおっしゃいましたとおり・・・となるのが正解です。

 

 

f:id:kyds:20180827113608j:plain

 

〈例文2〉

 

取引先の会社の担当者と話しています。

 

取引先「前回の○○の件ですが、このままお話を進めてもよろしいですか?」

 

私「うちの社長が×おっしゃっていましたが○○の件は、来月に変更させて頂きたいとのことです。」

     

       ↓

       ↓

       ↓

 

私「弊社の社長が○申しておりましたが○○の件は、来月に変更させて頂きたいのですが、、、」

 

 

まず取引先には、うちの会社ではなく、我が社をへりくだる意味で弊社」と言います。

 

「弊社の社長がおっしゃっていたではなく、会社の顔として話をする場合、どんな役職の人が言っていたとしても、相手の会社には謙遜して弊社の●●が申しておりましたと伝えます。

 

ただし、自分の会社内で課長や部長に社長のことを話すときは、社長がおっしゃっていたで構いません。