偉人にはなれなくても感動して心に残る言葉を作りたい

偉人ではないけど、心に響く詩や感謝の言葉、元気が出る言葉などを一生懸命書いています。

人間関係を良くする方法|うまくいく5つのコツ

 

人間関係を良くする方法は、どのような場所、パターンなのかによって違いますが、心の持ち方や考え方をいいものに変えればうまくいくと言えるでしょう。

 

誰しもが悩む課題、テーマです。人付き合いを円滑にするにはコツがあります。

 

職場や恋愛などで役立つ人間関係を上手くいかせるコツをお伝えします。

 

夕日の中でハイタッチする二人

 

人が嫌う人間の態度

 

「人間関係を良くするには?」の前に、どのような人が嫌われやすいのかを解説します。「こんな行動をしたら嫌われる」という独特のパターンがあるからです。

 

 

1.人を見下す、バカにした笑いをする

 

一番嫌われるのは上から目線でものをいい、人を見下した態度をとることです。

 

自分の方が優秀であるとまるで勝ち誇ったような態度を取る人がいます。

 

人それぞれの価値観が有り、一生懸命生きているのは一緒です。相手を尊重する姿勢が大切になります。

 

また、馬鹿にしたような笑いを浮かべる人もいます。本人は気づいていないでしょうが、見る人から見れば、心で何を考えているかその笑顔で見破れる場合があるので気を付けましょう。

 

2.人を非難して、注意ばかりする

 

人に対して受け入れる姿勢を持たずに、注意や批判ばかりをする人がいます。

 

注意、批判の意見を述べるときは、いったん相手の考えをしっかり受け止めてから「このことはわかった。しかし、~」と反対意見を述べましょう。

 

考えに対しての非難どころか、言いやすそうな同じ人を執拗に責め続ける人がいます。周りから見ても見苦しい癖なのでやめたほうが良いでしょう。

 

3.素直でない人

 

何か注意されても、屁理屈を言って受け入れない人や、いちいち言い訳をする人がいます。

 

自分が折れるということも知らないために言い争いになったり、思いがお互いにうまく伝わらないことになりかねません。

 

人の忠告は快く受け入れる、人の意見も素直に従うのが良い方法だと言えます。

 

 

人付き合いを良くする方法

 

人間関係を円滑に保つためにはどうしたら良いでしょうか?人それぞれ価値観が違うためなかなか相手に合わせるのも大変です。

 

しかし、どんな人でも努力と工夫をすれば、人付き合いを丸くおさめることができます。ここでは、5つのコツを紹介します。

 

 

1.自然体でいること(仕事編)

 

ありのままの飾らない自分でいればさらけ出した分、周りの人が全てを受け止めてくれます。

 

仕事などでは指摘されることも注意されることもあるかもしれませんが、本当の自分を隠して生きるよりずっと良いことです。

 

全てを出し切って打たれた部分は、引っ込めて調整すればいいだけです。

 

自然体で仕事をしていれば、落ち着いてみえるので信頼感が増します。

 

「あなたに任せたい」と思う人も増えますし、「この人なら大丈夫」と安心してもらえるので活躍する場面が増えます。

 

素の自分でいることで、無理なく会話が弾み、コミュニケーションが楽になります。

 

f:id:kyds:20181204105441g:plain自然体で振る舞うにはどうしたらよいか

 

xaqu.kokoro-kotoba.net

 

 

2.自然体でいること(恋愛編)

 

恋愛中も自然体でいたほうがうまくいきます。

 

ありのままをさらけ出して相手を喜ばすことができるからです。

 

相手が自然体のあなたをより好きになり、全身で受け止めようとしてくれます。

 

背伸びをせずあるがままの姿でいれば、本人の実力以上のことを求められて困ることもありません。

 

等身大の自分を大切にして、素直に心を開いて恋人に接してみましょう。きっとうまくいくはずです。

 

黒板に書いた握手の絵

 

3.相手の世界を守る

 

どうにもならないとき、投げやりになって周りの人に八つ当たりしてしまうのが人間です。

 

でもそこを抑えて、せめて「人には当たらない」と決めましょう。

 

自分よりまず相手のことを思い、気分が悪いけどあえて「親切にしよう」と思うだけで心が救われます。

 

結果的に、自分の世界も壊さないのが人に優しくできたときです。

 

「人にだけは優しく」ということは、心に常に置いておく決めごとにして構いません。

 

後から相手に対して悪いことをしたと悔やむことがないように、相手の世界を自分の言動で汚さないように守っていきましょう。

 

必ずその心は救ってもらえるはずです。

 

子供二人で本読みをしている風景

 

 

4.羨ましがられる存在になること

 

人を羨ましがるより羨ましがられる人になれると、自信もついてきて余裕ができ、人間関係がうまくいきます。

 

自分に自信がないと、劣等感や嫉妬心が出て素直に接することが難しくなります。

 

誰かを羨ましいと思うのなら、その人の一部を真似てみてもいいかもしれません。

 

成功者を真似ることは、一歩ずつフリをしているうちに成功者に近づけるので良いとされています。

 

どちらかといえば、誰かを羨ましいと思うよりも「あの人はいいな」と羨ましがられたほうがいいです。

 

モチベーションが上がりますし、劣らない自分になろうと心に働きかけるので精神的にも良い効果があります。

 

自分自身が誇れる存在になれるようにまずは行動するのみです。

 

 

5.笑顔で接し、挨拶を欠かさない

 

話すときはいつも笑顔」と決めてみてもいいでしょう。相手の顔もその笑顔につられて穏やかになるのを感じ取ることができます。

 

あの人と話していると気分がいい」と思われるのは、大抵笑顔を絶やさない人です。怒られたり注意するときだけはヘラヘラした顔はNGなので、控えておきましょう。

 

挨拶は自分からしましょう。「ありがとうございます」「すみません」「おはようございます」「お疲れ様です」など、進んで自分からすれば、感じの良い人だと受け取れます。

 

「ビジネスの基本は挨拶から始まる」、これは当たり前のことです。また、身近な人(家族や恋人)にも笑顔で挨拶できるようになれば更に良いでしょう。

 

 夕暮れ時にそびえたつ草

 

まとめ

 

人間関係でうまくいっていて「いいな」と思われる人は、自然体で人から羨ましがられるようなものを持っています。

 

自然体でいる意味は、落ち着いていてリラックスしているので、自分の良い部分を発揮しやすいという効果があります。

 

程よい緊張感は保ちつつも、基本はリラックスできている状態が一番理想的です。

 

人間関係を良くするには、「人の振り見て我が振り直せ」のように、まずは自分の悪い点を直して、それから人の良い点を探して、相手を尊重しつつ上手くコミュニケーションをとることです。

 

適度に距離を保つことも必要です。適度な緊張感も持ち合わせたうえで、親しくなった人には「親しき仲にも礼儀あり」を守りましょう。

 

人と良い関係を保つには、人付き合いをしていく上で「あーでもないこーでもない」を繰り返してもいいですから、徐々に調整していってベストな関係を確立していきましょう。

 

人間関係は重要なテーマですが、ここでも努力と工夫によって、素晴らしいやり取りができるようになるので、諦めないようにしましょう。