偉人にはなれなくても感動して心に残る言葉を作りたい

偉人ではないけど、心に響く詩や感謝の言葉、元気が出る言葉などを一生懸命書いています。

自然体でいる意味 | 振る舞い方とメリットについて

 

仕事上で自然体の振る舞いができる人は得をします。相手が自分に安心感を持ってくれて、責任を任される場面が増えるからです。

 

また、自然体でいる意味は恋愛に関しても同じです。相手にリラックスしてもらって楽しんでもらうには、ありのままの自分を見せる行動が必要となります。

 

自然体でいることの意味や、ありのままでいればどのくらい得をするのかについて見ていきましょう。

 

ナチュラルにゆらゆら動きながら歩いてくる子供

 

自然体とは?

 

自然体とは一体どういう意味でしょうか?

 

  1.  剣道などで両足をわずかに前後または左右に開き、無理のない形で立った姿勢。

  1.  気負いのない、自然な態度。

  2. 引用元:goo国語辞典

 

元々は剣道などで構える姿勢のこともあるようですが、あるがままの気負っていない姿・態度のことです。

 

常に穏やかにいられる姿勢でもありますが、いざというときは、力まないで絶大な力を発揮できることも自然体であるメリットです。

 

力を発揮できるときは、逆に上手に力を抜いているときです。

 

自然体でいれば、人間関係でも恋愛でも無駄に力むことなく、相手に不信感を与えることなく、大らかでいられて相手に安心感を与えられます。

 

自然体で振る舞うには?

 

自然体で振る舞うには具体的にどうしたらいいのでしょうか?

 

まず、ありのままでいられるために自分の世界を作ります。

 

「一人の世界を持つ」という感覚でもいいでしょう。

 

そして自分一人の世界でしばらく過ごします。これは休日や仕事終わりの時間帯などを利用します。

 

段々とできてきたら、仕事で一対一で話すときにも自分に意識を集中したまま堂々と喋りましょう。

 

つまり、人にどう思われているかを気にせずに意識を自分に持ってくるのです。

 

意識は常に一人の世界に集中した状態です。自分ひとりと対話している感じでもOKです。

 

仕事を黙々とこなしているときも、誰にも見られていないと思えばいいでしょう。誰にも意識されていないと思い込むことで自然体が作れます

 

これらの態度がまさにありのままの振る舞いです。

 

そして、大勢の前で話す機会があっても、まるで一対一で話しているような感覚をつくります。焦点を誰か一人だけの相手に絞りましょう。

 

「誰も自分のことなど見ていない」「誰も私のことなど気にかけてない」と思うことのおかげで、意識を違うところに持っていくことができて、はたからみれば自然体に振る舞えているように見えます。

 

右に向かうにつれて上がっていく矢印

 

 

自然体でいることのメリット

 

自然体で振る舞うことのメリットはたくさんあります。

 

あるがままでいることができれば、まず信頼感が増します。

 

とくに仕事などでは、確立した自己を持っている人と思われるので、しっかりした印象を与えられるからです。

 

他にも、恋人がいれば、落ち着いた自分で常にいられますし、一緒にいやすいという居心地の良さを持ってもらえるでしょう。

 

「この人といれば安心できる、信頼できる」と思われるには、ありのままの自分を見てもらって、常に変わらない自分でいるということが大切です。

 

 

自然体でいる意味(仕事編)

 

仕事上で、自然体でいることはとても大事です。

 

自然体でいて、かつ長所がいかせる職場なら尚更良いです。

 

自然体とは、意識しなくても上手に笑顔で振る舞えるような落ち着いている状態のことです。

 

自分の長所が活かせる職場なら人と争う必要もありません。

 

ですので、下記のような環境をおすすめします。

 

  • 長所が活かせる仕事内容
  • 長所が活かしやすい職場

 

今からでも遅くありません。

長所を活かして自然体でいられる職場で働きましょう。

 

 

ありのままでいる意味(恋愛編)

 

恋愛において、ありのままでいることは、相手に全てをさらけ出すことができて気持ちを正直に表すことができるので、とても大事です。

 

恋人との仲を上手くいかせたいと思って変に力んだり、カッコつけたりすれば、不自然な態度を見せてしまうかもしれません。

 

恋愛ではお互いに、相手のことをもっと深く知ろうと思うはずです。

 

着飾ることをやめて、無理して背伸びすることもやめてしまえば、仲はもっと深まるのではないでしょうか?

 

寝転がって休む女性

 

過去のイメージが邪魔をして変われないとき

 

一生懸命自然体を身につけようと思って試行錯誤しても、昔の仲間などに過去の失敗を指摘されたり昔の自分に苦しむことがあります。

 

たとえば、以前不自然な振る舞いばかりをして馬鹿にされていた場合です。動きが変だなどとからかわれたり、変なあだ名をつけられたとしましょう。

 

人は毎日朝を迎えて生まれ変わっています。生まれ変わっているか、何もしなくても毎日を辛抱強く生きて成長し続けています。

 

「もう過去の自分ではない」と覚悟を決めて、「変わるんだ、変わったんだ」というオーラを放った途端、周りの人も違う雰囲気を感じ取り過去の指摘ができなくなるものです。

 

自分がまず嫌な部分を変えて、昔の嫌なイメージを今の良い自分へと上書きしてしまいましょう

 

上書きしたらこれからの自分だけを考えていきましょう。

 

毎瞬毎瞬生まれ変わるイメージで過去を払拭していきましょう。

 

「昔の自分とはさよならした」と思うことができる人なら必ず生まれ変わることができます。

 

満面の笑みで笑う女の子

 

そのままでいて十分素晴らしい

 

化粧をしたり髪型を決めたり外見から入る気持ちは大事です。

 

しかし、無理をしてまで着飾ったり格好つけて意地をはらなくても、「自然な感じのあなたが好きだ」と言ってくれる人は必ずいるはずです。

  

たとえば男性から見て女性のすっぴんのほうがいいという人もいれば、化粧しているほうがいいという男もいます。

 

それでも、無理はしないこと、意地をはらないこと、強がらなくていいので、自分らしく振る舞いましょう

 

普段から自然体の自分をさらけ出して、着飾っていない様子をみせていれば、気楽でいられます。

 

より自然で気負わないということです。

 

それができれば、相手も気楽に話しかけてくれるようになるし、自然体のあなたをもっと好きになるでしょう。

 

 一本の道路

 

まとめ

 

ありのままで勝負することができれば、職場の人や友人に嫉妬しなくて済みます。今のままであなたは十分いいものを持っていて素晴らしいからです。

 

無理に何かをアピールするのではなく、自然と出てくる長所に場を委ねることです。

 

自然体でいる意味は、長所を全面に出すために必要なことです。

 

着飾らないありのままの自分で勝負することができればもう怖いものなど何もないからです。