偉人にはなれなくても感動して心に残る言葉を作りたい

偉人ではないけど、心に響く詩や感謝の言葉、元気が出る言葉などを一生懸命書いています。

パートナーと恋愛が上手くいく7つのコツ

 

パートナーと上手くいかせるコツは、お互いを思いやってなんでも相談しあって将来を見据えるということでしょう。

 

他にも、パートナーとの関係が長続きするために欠かせないポイントというのがあります。

 

ずっとお互いが満たされた状態で生活していけるために、大事なことは何なのかを探ってみました。

 

カウンターでお茶をしている男女

 

パートナーと恋人の違いとは?

 

「パートナー」と「恋人」の言い方の違いとは何でしょうか?

 

「パートナー」とは、日頃の生活を共にしたり、結婚も見据えてお互いが向き合っているという印象を受けます。

 

恋人関係においては、ドキドキしたり楽しむことを重視しますが、それに対してパートナーとは、安心感が得られる関係のことでしょう。この人とならずっと一緒にいて、仲良くやっていけるというピッタリ合う感覚を持っています。

 

更にパートナーの場合は、きちんと現実を見て、問題がないか、生計はうまく立てれるかなどの責任感の問われるところをお互いによく話し合っています。

 

恋人を超えてパートナーとなった時点で、まるで身内の人のようなイメージに変わるのも特徴的です。

 

 

ハートのバルーン

 

パートナーと上手く過ごすための7つのコツ

 

パートナーとうまく過ごすには、テクニックは必要ないかもしれませんが、コツというのがあります。

 

具体的にどのような点に気をつければ、上手に恋愛や結婚に向けての準備ができるのでしょうか?7つのコツについてみていきます。

 

 

1.気持ちを隠さずさらけ出す

 

パートナーに対しては、自分の気持ちは何でも素直に伝えておいたほうが良いでしょう。お互いに何を考えているのかわからないようでは、生活がうまくいきません。

 

包み隠さず話すというのは、不満や直してほしい部分も一緒です。言わずに黙っておくとどんどん不服な点が溜まっていきます。言い方にさえ気をつければ、相手にも嫌味なく伝わります。

 

普段から物事を柔らかく言うにしましょう。言い方がきついと相手がダメージを受けて離れていってしまいます。伝え方次第で理解が深まったり、相手も非を認めやすくなります。

 

2.パートナーにとっての太陽になる

 

パートナーの人生を、明るく照らせるような存在になりたいと思います。

 

一緒にいるときに、自分の存在があるだけでパッと明るくなったり、気持ちが和んでくれたら自分の存在も輝いて感じます。

 

向日葵が向く太陽みたいに相手にとっての明るい存在になれたら最高です。

 

パートナーが落ち込んだときも一緒です。無理して明るくしようと励ますのではなく、そっとそばに寄り添ってあげるだけで恋人は勇気づけられるでしょう。

  

3.自分のことも大事にする

 

恋愛中の人は、相手を尊重して自分のことも大事にしてください。

 

決して自分を粗末に扱ったりせず相手と同じくらい自分を大切にしてください。

 

そうすれば、相手からの反応も明るく良い雰囲気のものへ変わってくるはずです。

  

女性が男性に膝枕をしてもらっている風景

 

4.相手を支配しない

 

相手を支配したり、コントロールすることはやめておきましょう。人は自分の思い通りにはなりません。相手に悪いところがあれば、伝えて直してもらえばよいでしょう。

 

パートナーの欠点を変えようと思ったら、自分がまず変わってみましょう

 

結婚したら亭主関白になる男性もいます。やってくれたことに感謝して「ありがとう」の言葉は欠かさないなどの決まりを作るのも一つの手です。

 

5.自分の時間をつくる

 

仲がいいからと言って、四六時中一緒にいると自分の時間が持てません。

 

自分一人の時間をつくることにはたくさんのメリットがあります。ほっと一息ついたり、ぼーっとすることも必要です。

 

趣味に集中する時間を持ったり、一人の時間を設けるからこそ、お互いのことを見つめ直すことができてよい関係を築けるのでしょう。

 

 

パソコンの前で話し合う男女

 

6.一人の問題を二人の問題にする

 

一人が抱えた問題は、二人の問題として捉え、一緒に考えていくのが理想的です。

 

パートナーそれぞれが、一緒に物事を乗り越えていくというスタンスがいいと思います。

 

パートナーになったのですから、見て見ぬふりはせず、困難なことは共に乗り越えていきましょう。何でも相談し合う関係がいいです。隠し事はせず、苦労は一人で抱えこまず、恋人の力も借りましょう。

 

7.相手の喜ぶことをする

 

相手が喜ぶことを考えて、計画を立ててサプライズしましょう。記念日などには忘れずにプレゼントを用意したり、パートナーが嬉しくなる作戦を立てておきましょう。

 

お互いが居心地がいい関係になるには、常に感謝の気持ちも表すようにしましょう。

 

相手が悲しい時、自分も悲しくなって、笑顔のときは自分も笑顔になるというように、お互いの感情を共有してもいいでしょう。

 

ドレスを着た女性と抱きしめる男性

 

恋愛の素晴らしさ

 

恋愛にどっぷりつかるとそれ以外のことが見えなくなりがちです。

 

何もかもを犠牲にして相手に尽くすことは、自分を見失う危険性があるのでおすすめしませんが、他に何もいらないと思えるほど相手のことを大切に思えることはとても素敵なことです。

 

そこまで相手のことを好きになったのですから、自信誇りを持つべきです。

 

仕事や趣味などだけでなく、恋愛という大きなジャンルにハマるということは誰にもできることではありません。

 

相手を思うその素晴らしい時間を大切にしてください

 

 車の後ろに乗って仲が良さそうなカップル

 

まとめ

 

すでに意中の人と付き合っている人も結婚が間近な人も、自分以外の誰かをすごく好きになったということは自慢できるほど素敵なことです。

相手にとって自分がどうありたいか、どんな自分で勝負したいかなど未来のことも視野にいれてパートナーを大事にしてください。

 

自分の良いところはそのまま持ち続け、変わるべきところは自らがいい風に変わっていけば相手も変わり、2人の雰囲気も良い方向に変わります。

 

パートナーにとっての素晴らしい存在でいつもいるようにしてください。