偉人にはなれなくても感動して心に残る言葉を作りたい

偉人ではないけど、心に響く詩や感謝の言葉、元気が出る言葉などを一生懸命書いています。

本当の愛情とは何か?意味や種類、定義を解説!

 

本当の愛情とは何でしょうか?

 

人によって性格が様々なので愛情の示し方もそれぞれ違いますし、男女によっても異なります。

 

愛情表現が上手にできたら、人間関係も円滑に事が運びますし、恋愛においても相手と上手にコミュニケーションがとれるでしょう。

 

今後の道標となるように、上手な愛情表現とはどのようなものなのかを探ってみました。

 

抱き合っている男女

 

愛情とは不変の優しさ

 

愛情とは、1つ目に不変の優しさだと言えます。

 

時と場合によって態度が急変したり、イライラする人とは付き合うのが難しいでしょう。変わらない優しさで相手を安心させ、喜ばせて、無償の愛を与えられるのが本当に優しい人です。

 

また、愛情表現とは自分と相手の両方の立場から考えられます。

 

自分から相手への気持ちは常に真面目で誠実であること。

 

そして、相手に優しい気持ちを与えられるようになれば、受け取った相手がより優しい気持ちになったり嬉しい気持ちになれます。

 

優しさが嘘偽りのない本物であればあるほど、受け取った相手には優しくしてもらったことが半永久的に心に残ります。

 

必要な優しさとは、一時的なものではなく、見返りを求めるものでもなく、いつでもどんなときも相手を温かく包み込むような変わらない優しさのことです。

 

 

愛の中には厳しさも含まれる

 

愛情表現の方法は人によって様々です。

 

安心感を与えたり自由に開放してあげることより、厳しくすることが愛情だと考えている人もいます。

 

厳しくして相手を大きく育てようとするのは独特のスタイルです。その人なりのやり方があるので否定することはできません。

 

相手のためを思って厳しくすることは、ときには必要ですが、厳しくされることで落ち込んでしまうタイプの人もいるので気をつけなければなりません。

 

厳しくすること、好意を示して温かくふるまうこと、どちらが正解ということはありません。要は相手の立場に立って考えて行動することでしょう。

 

 

感情表現が苦手でも大丈夫!

 

コミュニケーションや表現することが苦手な人でも大丈夫です。

 

誠実な気持ちでいれば、相手の力になろうと考えている気持ちは必ず伝わります。


お互いにとって、その場の空気が心地よく過ごせているなら、良い通い合いができていると言えるでしょう。

 

会話を一生懸命盛り上げようと躍起にならなくても、雰囲気さえ良ければ、あとは自然体の振る舞いのほうが意外としっくりきます。無理のないコミュニケーションを心がけましょう。

 

両親と子どもが手を繋いでいる風景

 

笑顔でいることは愛を含む行為

 

運が味方をするのは、自分がどんな状態であっても相手のために笑顔でいようとする人です。その愛情は必ず相手に伝わります。

 

本当は苦しくて笑えるような状態ではなくても、せめて表情だけは笑顔でいて元気よく振る舞おうとすることは、自分のためにもなります。

 

笑顔というのは不思議なもので、これ以上の苦しみはないと思うほど苦しんでも、気付けばまだ笑える力が残っていたりします。

 

槇原敬之さんの「どんなときも」の歌詞で、「消えたいくらい辛い気持ち抱えていても 鏡の前笑っている まだ平気みたいだよ」というリズムのある詞はすごくいい例です。

 

笑顔で話したり、ニコッとして人と向き合おうとすることはまさに愛情のこもった行為です。

 

心がけ次第で、人前でいつも笑顔でいることはできます。その愛は無償の愛と近いものがあるので、必ずあなたのもとに返ってくるでしょう。

 

 

男女それぞれの振る舞いの違い

 

男性から女性への愛情表現の仕方と、女性から男性への好意の示し方には違いがあります。

 

男性は高価な物をプレゼントしたり、イベント時に大きなサプライズをしたりすると自分が相手に対してきちんと愛情表現できていると感じます。

 

また、連絡をマメにすることが少々面倒でも、本命の彼女には一生懸命こまめにLINEを送ったりします。期待に応えるためにデートでもレディーファーストを心掛け、奢るなどのサービスも欠かしません。

 

それに対して女性は、連絡は好きであるほどマメにしてしまうので、あえて控えめにしてみたり、男性とうまくやっていくための努力や工夫を怠りません。細かな気配りができるのが特徴です。尽くしたい気持ちが多く、常に役に立ちたいと心の中で思っています。

 

男性は大まかなことでよく気遣いができて女性は細やかな心配りができるといった特徴があります。

 

基本は、優しさが必要とされるお付き合いですが、男性は男性らしく、女性は女性らしくというスタンスでいればいいでしょう。あとはお互いにわかり合えるように努力すればうまくいきます。

 

誇らしげな男性とドレス姿の女性

 

誰かを嫉妬したり執着しないこと

 

人を好きになったものの、相手に恋人がいたり結婚相手がいたりして、嫉妬することはよくあります。

 

自分には関係ない相手のパートナーに対して思いやりを持てとはなかなか言えませんが、それでも人はみな同じです。パートナーのいる相手を奪うようなことはしないようにしましょう。傷付く人がいるといけないからです。

 

そして、付き合った人には大好きだという気持ちだけを継続させ、執着しすぎないようにしましょう。必死になりすぎると周りが見えなくなったり、思いやりが違う方向にいってしまうことがあります。

 

見返りのない愛情だけを示し、嫉妬や執着はしないことです。

 

 

肌のふれあいも大事

 

好きになった人とは、深い関係とまでいかなくても、スキンシップがおすすめです。

 

好意を寄せている人の手をにぎったり、ハグをしたりすると幸せホルモンであるオキシトシンが分泌されて心が穏やかになります。

 

プラトニックな関係だけでもいいですが、せっかく人と人が関係していることなので、肌のふれあいも大事にしましょう。好意を伝えるには適した手段です。

 

夕日の中で抱き合っている男女

 

まとめ

 

愛情表現で大事なことは、いかに相手のことを考えてあげられるかです。

 

自分の状況が良くても悪くても変わらない優しさで相手を包んであげるようにしましょう。

 

お互いが笑顔になれるような愛情表現の仕方を考えましょう。

 

また、苦しいことがあっても相手のために笑顔でいることができる人は、最高に思いやりのある人だといえます。

 

苦しくても笑顔でいることだけはできます。

 

その努力は、相手にとって最高の「愛情のプレゼント」であると思います。